事業資金にノンバンクのビジネスローンや商工会議所の融資制度で資金調達

Just another WordPress site

*

ノンバンクのビジネスローン活用!

事業資金の融資計画は足りなくなる前に立てる

事業経営では、主な営業活動も重要ですが、資金繰りもとても大事な業務であるのはご存知のとおりと思います。資金繰りは出来るだけ余裕を持って行いたいものですが、それは金額的なものだけでなく、時間的にもそうです。

事業資金の借入・資金調達の際、銀行やビジネスローンなどを利用して融資を受けますが、どちらも融資の前に審査があり、それをパスしないことには借入が出来ません。また借入を申し込んでから、審査が開始され融資が行われるまでにはある程度の時間を要します。つまり借入が必要となったと金はこの審査の期間を逆算して資金調達の準備をする必要があるということです。

特に銀行からの融資に関しては審査を通りには高い基準をクリアして初めて借入が行われる事もありますが、審査の期間も長いのが特徴です。申し込みから融資まで通常2週間から1ヶ月程度の期間を要する事になりますので、特に前もっての準備が必要になるのです。

そのため資金が足りなくなってから親近調達を考えていては、事業での掛け金の支払い期日に間に合わず、最悪不渡りを出してしまいかねなくなってしまいます。そのため、ある程度の時間的にも余裕をもった融資計画をたてておくのが必要なのです。

どうしても直前に必要になってしまった場合には、ビジネスローンでは即日審査で融資が当日も可能という事が売りのサービスもありますので、こちらから融資を受けるという手も無きにしもあらずと言えますが、それでも審査に通らない場合も考えられます。参考サイト:ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ

やはり余裕を持って計画をたてるのはとても重要です。
事業資金に徹底活用、ビジネスローン

 

民間のビジネスローンで事業資金を借りるメリット

事業資金の借入を行う際には、どのようなサービスを利用すべきでしょうか?

一般に事業資金の借入を検討する際には、借入限度額、借入期間、利率などを重視するかと思いますが、特に利率は最も重視されるのでは無いでしょうか?

利率を重視して借入を行う金融サービスを選ぼうという時には、やはり公的融資や銀行融資などが最初に思い浮かぶのでは無いでしょうか?

公的融資や銀行融資は確かに利率を考えると、低めに設定されているため、とても魅力的に感じるのは普通の事だと思いますが、大きなデメリットもあります。

そのデメリットとは、まずは融資の実行前にはどのサービスでも審査があり、それを通過しないことには借入が行われません。そして審査には多くの書類の堤出が必要で、公的融資や銀行融資の場合には堤出書類が多く必要となります。その準備にも時間を要しますが、審査開始から融資決定までの時間も比較的長い場合が普通です。そして、審査もかなり厳しいため、借入申請をしたからと言って、審査を通らない場合も少くありません。

また、公的融資・銀行融資は通常借入の使途は明確に決まっている事が必要で、追加の融資もかなりの基準を満たしていなければいけません。

上記に挙げたポイントはビジネスローンにおいては想定的に逆になります。つまり、ビジネスローンは審査が比較的勘弁で審査基準も相対的に低めで、審査にかかる期間も短くなっています。また、多めに融資をうける事も比較的柔軟で、追加融資に関してもそれほど縛りがなく、非常に柔軟で利用しやすいサービスといえます。

利率は比較的高いのですが、経営においては素早い決断がせまられ、融資も迅速に必要になる場合があるものです。そのような柔軟な活用が出来るのは、民間のビジネスローンに大きなメリットがあるといえるのです。

ビジネスローンの融資実行までの流れ

ビジネスローンは、特に民間のサービスにおいては、色々な面で融通がきき、利用しやすいサービスで急な資金繰りなどにはとても重宝できるメリットを持ちます。

そのビジネスローンは申し込みから融資まで、比較的短期間で煩雑な手続きもほとんどなく、利用しやすくなっています。

ビジネスローンの申し込みから融資までの一般的な手続きの流れについて説明します。

まず、利用するビジネスローンのサービスを決定します。そのサービスの公式WEBサイトにアクセスし、申し込みページへ移動します。

申し込みボタンをクリック又はタップし、手続きを開始します。申し込みの同意確認の内容を読み、各種条件を確認し、同意ができたらボタンをクリックします。

本人情報、勤務先情報、他社借入情報、希望限度額、結果通知連絡先、振込口座などの情報を性格に入力します。(他社借入情報などは正直に入力して下さい。嘘の記入は無駄です。)

ビジネスローンの会社が申込情報を確認し、担当者の個人名で電話およびメールで連絡がいきます。

審査用の書類を用意し、アップロードなので提出します。

後ほど、審査の結果が通知されます。契約手続き用のメールが届き、確認をして、同意すると契約完了となります。契約が終わり、まもなく融資金額が指定の口座に振り込まれます。

このようにインターネットからの申し込みで利用する場合には、とても審査が早いので凄く利用しやすくなっています。スピードを要する融資の場合には、民間のビジネスローンは迅速なのがポイントです。

少額なら銀行融資より小回りのきくビジネスローンが有利

事業を経営していると、資金繰りにおいて決済日にどうしても当座の資金が足らず、少しの金額だけを一時的に借りたいような場合もあるでしょう。そのようなとき、融資まで時間や手間がかかるサービスの場合、費用対効果が低く、しかも間に合わないなんて事も考えられます。

少額の融資に関しては、銀行の厳しくて、事務手続きが大きく負担になる審査の手続きは、ちょっと現実出来では無い場合もあります。

そのような少額のサービスの融資には、民間のビジネスローンはとても利用がしやすく、おすすめです。なぜ、少額の融資には民間のビジネスローンがメリットがあるかといいますと、とても対応が柔軟で、スピーディーであるということです。

柔軟と言ってもどんな会社でも審査を通過するという程甘いわけでは無いのですが、民間のビジネスローンの場合、審査書類も銀行融資に比べるとかなり少くて済みますし、審査の難易度も銀行に比べると高くはありません。

そしてインターネットでの申し込みで即日審査などスピーディーな融資をセールスポイントとしているビジネスローンサービスもあります。

また銀行の場合には、少額の追加融資というのもなかなか対応してくれない場合が多く、多めに借りておくというのも、使途が決まっていない融資は基本的に認められないため、困難です。

ビジネスローンの場合には追加融資でも柔軟に対応してくれるサービスが多く、とくに少額の融資に時間を割いていられないケースでは、とても利用価値があると言ってよいでしょう。

ビジネスローンを選ぶ際のチェックポイント

事業資金の融資において、公的融資・銀行融資・ビジネスローンから選ぶさい、利率よりも柔軟性を重視するならビジネスローンが最適です。

ビジネスローンから融資を受ける事が決まって、次にどのサービスを選ぶかという段階で、どのような点にポイントを置いて選ぶとよいでしょうか?

まずは、融資が必要となった自社の状況から、その融資で必要となる条件をまずしっかり把握して、それを選定する際のポイントとして、優先順位を決めましょう。

その優先順位順に振るいをかけ、利用するサービスを絞り込んでいきます。その際に条件として見るポイントは次のような項目になるでしょう。

融資対象者

そのビジネスローンのサービスの対象はなにか?ときに自分の会社の条件にあったものを優先とするようなサービスは審査にも有利に働くでしょう。

利率

ビジネスローンは利率においては銀行融資に比べ高いのが普通です。出来るだけ低いもの、無理の無い利率におさまるものを選びます。

融資限度額

その時必要な融資金額は、そのサービスの限度額に収まるのかは根本的な条件になります。

審査に要する時間

あまりに審査に時間がかかると間に合いません。

インターネット申し込みがOKか?

インターネット申し込みが出来ると、審査も早く結果が出るのが普通です。

返済窓口

銀行やコンビニのATMが利用できると柔軟に返済ができます

担保・保証人

担保・保証人が必要ですと、この設定に時間を要します

サービスが有名であるか?

あまりに無名だと不安です。悪徳業者であるかどうかは事前にしっかり調べる必要があります。

 

■ノンバンクのメリットとデメリット

●ノンバンクは審査が緩めに設定されている

ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード ノンバンクというのは、消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社など、銀行などの預金業務・為替業務を行わない融資業務を行う会社を総称したものを言います。 ノンバンクの最大のメリットはなんといっても審査内容です。 一般的に融資を受ける、となると銀行からの融資をイメージする人が多いことかと思います。 しかし、銀行からの融資の審査というのはとても内容が厳しく、二期分の決算書を見てから数字を吟味し、きちんと返済をする能力がある、信頼できる企業もしくは個人事業主だと判断されなかったら融資を行ってくれません。 ですが、実際のところを見てみると、ほとんどの中小企業や個人事業主は銀行からの融資を受けることが出来ていないと言われています。

しかし、企業を経営するためには資金はどうしても必要となってくるものです。 そこで多くの企業が利用しているのがノンバンクです。事業資金借入 現在活躍しているノンバンクのほとんどは中小企業や個人事業主をターゲットとして運営しているため、審査内容をとてもゆるくしており、銀行などの金融機関と比較すると誰でも融資を受けることができる、というシステムになっています。 そのため、資金が必要だけれど資金調達の手段がない、という方がノンバンクを利用しています。
●ノンバンクは即日融資
ノンバンクの大きなメリットの一つに【即日融資】が挙げられます。

銀行などの金融機関から融資を受けるとなると審査をするだけで数日もの時間が必要となってきます。 そのため、すぐに資金を調達したいと考えている中小企業や個人事業主からすると即効性が無いだけに不満を覚えることも少なくないようです。 一方でノンバンクは即日融資を積極的に展開しています。 審査に必要な書類さえ事前に用意されていればその日のうちに審査を行い、審査内容を伝えて融資を行ってくれるのです。 特に決算期が近づいて来たり、新しい事業を立ち上げるために急な資金が必要になったりするような場面においてこのノンバンクの即日融資は非常にありがたいシステムだと言えます。

●柔軟な対応

金融機関から融資を受ける、となるとかなり厳密な形でのやり取りが基本となります。 大きな金額のお金が動くわけですので当然といえば当然のことなのですが、時には融通が利かないために不満を覚える人もいるようです。 その点、ノンバンクは金融機関と比較するとかなり柔軟な対応を取ることができるとして評判を集めています。 例えば、追加で突然の資金調達が必要になった場合などはノンバンクから優良顧客だと認定されていればすぐに追加融資を行ってくれる、といった柔軟性があります。 いざ資金調達をしようとおもってもすぐに資金を集めることは難しいのですが、ノンバンクの柔軟性があればこれらの問題をクリアすることも可能なんです。

●ノンバンクは金利が高めに設定されている

ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード ノンバンクのデメリットの一つに金利が高い、という点があります。 例えば銀行などの金融機関と比較すると、ノンバンクの実質年利はかなり高めに設定されています。 そのため、ノンバンクを活用する場合には将来的な金利の返済プランであったり、返済額のスケジュールを綿密に検討した上で融資を受けるように注意が必要になります。 ノンバンクをこれから活用しようと思っている方がいたら、必ず長期的な返済プランを立て、きちんと返済を行うことができるという計画を練り上げてから活用するようにすることを強くオススメします。

●返済期間が短め

ノンバンクのデメリットの一つに、返済期間が1年未満が多い、といった返済期間が短めに設定されているという点があります。運転資金借入 他の融資を行っている金融機関などなら、もっと長期的な返済プランを組むことが可能となっていることがほとんどですが、ノンバンクは返済期間が短めになっているので、こちらも十分に検討を重ねた上での活用を心がけるようにしましょう。
■オススメのノンバンク会社
●ビジネクスト

ビジネクストは中小企業や個人事業主のためのノンバンク会社です。 柔軟な融資を行っているため、会社を設立する際の資産の融資や、運転資金のための資金調達、つなぎ資金のための資金調達と、様々なシーンで利用されています。 融資金額が1万円~1,000万円に設定されていて、100万円以上の利用限度額なら実質年率が8.0~15.0%と低めに設定されています。ビジネクストの融資内容を詳しく知りたい方は↓
ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード

●シンキ・オーナーズセレクト

シンキ・オーナーズセレクトは担保や保証人が無くても融資を受けることができるノンバンク会社です。 シンキ・オーナーズセレクトは楽天銀行と提携することによって深夜帯などでも柔軟に融資を行うことができるため、特に個人事業主に人気があるノンバンク会社となっています。 融資金額は1~300万円となっていて、実質年利は13.0%~18.0%となっています。融資内容を詳しく知りたい方は↓

事業資金の調達は経営者の重要な仕事の一つ

大きな企業では経理部門などが専門に行う事業資金の調達は、小規模な企業においては経営者が直接携わる場合が多いと思います。主な営業の活動に比べ、資金調達はもしかしたら軽んじられるかも知れませんが、この資金調達は非常に重要な仕事になります。

企業はたとえ主たる営業で利益を出していたとしても、それだけでは経営がうまくいくわけではありません。企業が利益を生み出すまでの活動において、財貨や役務などにかかった費用は、定められた決済日までに支払わなければいけません。

それに対して生み出した収益は現金化されるまでに時間がかかってしまうため、利益が出ていたとしてもその支払日に資金が足りないという事は珍しくありません。その際には不足するキャッシュを調達する必要があります。その支払が滞らないために資金繰り計画をたてて、常に円滑に支払いが行われる必要があるのです。特に約束手形などで決済を行っている場合には、引き落とし日に不足すると不渡りが起きてしまいかねず、危険です。

そうならないために、計画的に資金調達をし、決済日に資金不足に陥らないように常に意識していく必要があるのです。資金繰りの計画を立て、必要な資金が必要な期日までに確実に調達するという事はそれだけ重要な業務なのです。

こういった事から、主な営業活動をしっかりと行えていたとしても、資金調達がおろそかでは経営はうまくいかないという事がわかるかと思います。経営者にとっては、事業資金の調達は非常に重要な業務なのです。

公開日: