東京商工会議所の公式ホームページにビジネス伝言板<ビジ伝>という掲載コーナーがあったのですが、現在は、東京商工会議所の会員企業に配布される機関紙・東商新聞「ビジネス伝言板」にて会員企業の新製品・新サービスを紹介する形になっています。

運転資金の調達におすすめのビジネスローン借入の有利性について解説しています。

運転資金の借り入れにはどの様な選択肢がある?

事業の経営には資金繰りはとても大事な要素で、とても悩ましいことでも有ります。たとえ主な営業分野で強くとも、資金繰りの失敗で企業は倒産してしまう事もあるので、決しておろそかに出来ません。

その資金繰りで最も重要で難しいところに運転資金の調達があります。この運転資金の調達にはどのような選択肢があるでしょうか?

一番最初に考えつくのは最もポピュラーな銀行融資だと思います。また、銀行が窓口になって、官公庁が融資をする公的融資もあります。そして銀行や消費者金融などが行うビジネスローンがあります。大企業であれば株式発行や社債のの発行も考えられますが、中小企業においては、これらが運転資金の主な調達源になると思います。

銀行系の融資や公的融資は利率が低く設定されていて、支払利息の負担もそれほど大きくありません。その半面審査の基準が厳しく、そして審査に堤出する書類も多くを求められ、その上追加融資のハードルも非常に高いです。

ビジネスローンは、利率は銀行系や公的融資などに比べるとやはり利率は高いのが一般的です。その半面、審査のハードルは相対的に低くなっており、書類の堤出もかなり少なくてすみます。また、審査から融資までの期間が短いサービスもあり、審査、借り入れ、返済などの手続きも簡単で柔軟に対応してくれます。また、追加融資などの手間はそれほど手間がないことも運転資金の借り入れ手段として魅力があります。
それぞれメリット・デメリットを良く把握して、利用すべきタイミングに合わせて活用すれば、どちらもとても有効な資金調達源となるでしょう。

■そもそも運転資金とは?
そもそも運転資金の定義とはどのようなものなのでしょうか?

・会社を運転していくために必要な資金
運転資金とは会社を正常に運転していくための資金を示します。
毎月の仕入れが100万円、人件費に200万円、諸経費に30万円かかる会社があるとします。
この会社の売上金の入金が1か月後になるとすると、この会社は手元に100万円+200万円+30万円の合計330万円の現金を手元にもっていないと、今月の支払いができないことになります。
仮に手元に200万円しかないような場合には130万円の運転資金を借入などの方法によって調達しないと会社が回らないことになってしまいます。
簡単に言えばこれが運転資金です。
銀行や日本政策金融公庫は事業資金を運転資金と設備資金に分けて審査や商品設計を行っており、運転資金は会社の正常な利益から、設備資金は当該設備が生み出す利益から返済ができるということが大前提となっています。
ちなみに、正常運転資金を計算する方法は広く知られており、公式は以下の通りとなっています。
正常運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務
運転資金には仕入れや売上以外にもさまざまな経費が発生するため、上記公式の通りに計算された金額さえ手元にあれば大丈夫とは言えませんが、簡単に計算する方法として一応覚えておいて損はありません。

・日銭が入ってくる業種などは運転資金は不要
運転資金とは売上金入金のタイミングと、仕入れなどに発生する経費を支払うタイミングの時間的なズレを埋めるための資金ですので、毎日の売上が即入金となる飲食業やサービス業などには必要ないことになります。
しかし、そのような業種でも、売上が思ったように伸びずにお金が足りずに運転資金を借りることもあります。
つまり、運転資金には入金と支払いの時間的なギャップを埋めるための資金と、売上の減少や伸び悩みによる赤字を埋めるための資金の2種類が存在することになります。

・短期も長期も論理的には存在する
運転資金が必要になり、その資金をどのように返済するのかは業種によって異なります。
建設業のように売上金の入金が工事完了後という場合には工事完了後に一度に返済する短期資金を利用します。
一方、製造業などでは、毎月の利益の中から少しずつ返済していくものですので、ある程度の長い期間をかけて毎月返済していく長期資金が利用されることが一般的です。

引用:http://運転資金.com/public-financing/1470.html

日本政策金融公庫の融資相談窓口「ユウシサポ」って??
ユウシサポとは、主に日本政策金融公庫の融資を代理している税理士法人です。
簡単な相談や、申込方法や、申込に必要な書類の作成のサポートなどを行ってくれ、もちろん最適な商品は何かの相談にも応じてくれます。
ユウシサポを窓口として事業資金の借入を行うと、日本政策金融公庫の窓口に直接申込を行うよりも金利の割引が適用されるなどのメリットがあります。
メールや電話から気軽に相談できるスキームになっていますので、直接金融機関へ相談するのはちょっと心配という人や、そうでない人でもユウシサポを相談窓口の1つとして検討してみるのもよいでしょう。

運転資金は総量規制の対象外

運転資金は事業性融資なので量規制の対象外になります。
なので年収の3分の一の枠は関係ありません!
gt 詳しくはこちら

 

ビジネスローンがおすすめなワケ

制度融資を使った運転資金の借り入れ
制度融資を使った運転資金の借り入れは手続きが意外と面倒 イメージ

審査の厳しい公的融資で比較的審査が軽いといわれている制度融資、ほんとうは?

制度融資を使った運転資金の借り入れは手続きが意外と面倒

公的融資制度は、公的機関が行う借り入れなので、中小企業にとっては、利率が低めに設定されていたり、いろいろなメリットがあります。

公的融資制度の中で、比較的審査が軽めと言われている制度融資という制度があります。都道府県や市区町村などの自治体が用意している融資制度ですが、多くの自治体では制度融資を準備していますが、その内容はそこによって変わってくるので、それぞれ地元の制度融資の内容は調べて頂く必要があります。

制度融資は一般の融資、つまり信用保証協会保証付融資に該当するものに比較すると、それほど審査が厳しくないといわれています。また、その中でも、制度融資によっては固定で低金利の融資が受けられるものもあって、これはなかなかのメリットと言えます。

金利も低めであり、その一部を自治体が負担してくれる場合もあります。また、創業時などにも利用しやすくはなっているようです。

ただ、やはり自治体と銀行の2段階で審査するため、審査には若干時間がかかる傾向が強いようです。また、税金などの滞納があった場合などには、融資を受けられない場合などもあるようです。

比較的審査の負担が軽いといわれている制度融資ですが、審査がとても柔軟に、そして提出書類などもそれほど多く必要としないといったメリットをもつビジネスローンに比べますと、やはりその手続きが意外に面倒に感じるのが実際のところでしょう。自治体と銀行での2段階の審査というのも、それを実感させてしまう理由かもしれません。

銀行から運転資金の借り入れ

銀行から運転資金の借り入れをする際に掛かる日数 イメージ
銀行から運転資金の借り入れを
する際に掛かる日数は
やはり短くはありません
gt 詳しくはコチラ

不動産担保有りのビジネスローン

不動産担保有りならビジネスローンでも数千万の借り入れができる イメージ

不動産担保有りならビジネスローンでも数千万の借り入れができるんです!
gt 詳しくはコチラ

必要書類は何?

ビジネスローンの借り入れをするのに必要な書類 イメージ
ビジネスローンの借り入れをするのに必要な書類はコレです
gt 詳しくはコチラ

 

ビジネスローンならネット申込対応で審査も早い!

事業を経営していると、予想以上に出費がかさんでしまったり、大きな出費が出て資金繰りが狂い、資金不足になってしまう事もあります。そんな急な運転資金を調達する手段を持っていないと、支払い日前後はとてもやきもきして落ち着かないのではないでしょうか?

企業はやはり、そのような急な出費にも備えておく必要があります。銀行融資などで多めに融資を受けることで、普段から余裕を持って資金繰りをするというのも、有効な方法です。ただそれでも不足する可能性は否定できません。

また、銀行は追加融資を受けるにも、審査に時間がかかったり、審査そのものが通りずらかったりします。急な出費で審査が通らず資金不足に陥ってしまったら目も当てられません。

やはり急な資金調達源として、今特に中小企業にとって頼りになるのはビジネスローンです。特に消費者金融系のビジネスローンは審査に必要な書類も銀行融資に比べるとかなり少なく、負担も少なくてすみます。さらに、その審査事態がネットからの申し込みだけで可能になっていて、診査手続きも早いため、診査の決定も早いです。そして診査の決定から融資までのタイムラグも銀行融資に比べるとかなり少なくて済むのです。

ビジネスローンは金利が高めであることで、敬遠しがちな経営者の方もいらっしゃるかもしれませんが、ビジネスローンは銀行融資とは違った使いようが有ります。

短期的、一時的に必要な少額の融資には銀行融資は向きません。審査から返済まであらゆる面で柔軟なビジネスローンは、非常に使い勝手が良いので、使い方次第で非常に有用な武器になるでしょう。

500万円以下の借り入れならビジネスローンの利用もおすすめ

大きな金額を長期で借りる場合は、やはり金利面で大きな負担とならないよう、低い利率の融資を利用するのは、その大きな事務負担がかかるとしても有効です。かなりの書類を揃え、その準備にある程度の準備やその期間がかかったとしても、費用対効果が大きいので、利用時価値があるでしょう。

500万円以下の融資となるとどうでしょうか?

通常銀行からの運転資金の借り入れには、審査を通過しなくれはいけませんが、それには定められた提出書類を漏れ無く提出し、申し込み書類などを間違いの無いように記載しなければいけません。

そのために、会計処理も必要になりますし、保証人や担保などの設定も必要になる場合があります。

これだけの手間がかかり、またその後の追加融資もハードルが高いものでもあるので、それなりの金額でない場合には、その手間が見合わない場合があります。

なので、500万以下の融資であれば、事務負担にそれほどの手間と時間と人的資源を割り当てる必要があるか、その費用対効果をよく考えなければいけません。

その場合の選択肢として、現在とても有効なのがビジネスローンです。ビジネスローンは銀行融資に比べますと、やはり利率の面では高く設定されている事から、不利では有ります。

しかし、申し込みから借り入れの実行まではそれほど期間がかからず、また審査も通過しやすいです。借り入れ、返済などの手続きも柔軟なので、気軽に利用できるのもメリットです。

少額の借り入れが必要になる場合には、ビジネスローンはかなり有用で使いやすいサービスで、実際に多くの中小企業に活用されています。

 

ビジネクストのビジネスローン

ビジネクストのビジネスローンは、ノンバンクのローンなので、事業計画書は必要なく、担保も不要で、保証人も原則不要になっています。保証人が必要なのは、法人の場合になっていて、その保証人も代表者で良いので、親類縁者にお願いする必要もありません。融資限度額も最高で1,000万円となっていますので、一時的な資金繰りや事業拡大など、色々な事業資金として活用できます。

ノンバンクのローンと聞くと、金利が高いというイメージがありますが、ビジネクストの場合、融資限度額が100万円未満の場合13%から18%、融資限度額が100万円以上の場合8%から15%と、銀行や信用金庫と大きな差はなく、利用しやすい金利となっています。また、返済方式も通常の元利金等返済以外に、元金一括返済も可能になっています。元金一括返済とは、毎月利息だけを支払い、元金が一括で返済できる時にまとめて返済する方式なので、すぐに返済できる見込みがあり、短期的に資金が必要な際は、非常に便利です。

利用までの流れとしては、インターネット上から融資を申し込み、仮審査に通ると連絡が来ますので、必要書類をビジネクスト宛に郵送かFAXし本審査が行われ、本審査に通ると融資を受けられるようになります。基本的には店舗に赴く必要がないことも、メリットとなっています。このような便利な内容にはなっていますが、ノンバンクであることに変わりはなく、ビジネクストから融資を受けた残債があると、銀行や信用金庫での融資が受けられなくなる可能性もあるので、銀行や信用金庫で融資を受けられない場合に利用すると良いでしょう。

ビジネクストとは

事業者ローンをインターネットで検索していると、検索結果で「ビジネクスト」という単語を見ることがあると思います。ビジネクストとは、カードローン・ビジネスローン・不動産ローン・医療機関向けローン・開業支援ローンなどを提供している、ノンバンクの企業です。ビジネスローンに関しては、融資対象者が法人だけではなく個人事業主の方も含まれていますので、SOHOの方なども利用できるようになっています。

ノンバンクのビジネスローンの場合、ほとんどの会社が高い金利になっていますが、ビジネクストの場合、融資限度額が100万円未満であれば13.0%から18.0%、融資限度額が100万円以上であれば8.0%から15.0%となっていて、銀行や信用金庫とあまり変わらない金利となっています。また、担保は不要になっていますし、個人事業主の場合は保証人も不要となっています。法人の場合でも、保証人は代表者の方になりますので、誰かにお願いする必要はありません。

ノンバンクですので、審査も比較的通りやすく、必要な書類としては、法人の場合、代表者の身分証明書、登記事項証明書、決算書2期分となります。個人事業主の場合は、身分証明書、確定申告書2期分となっていて、事業計画書などは必要なく、申し込みもインターネット上からできますので非常に便利です。事業資金が足りず、銀行や信用金庫からの融資を受けられない場合などは、ノンバンクとしてビジネクストを選択肢に入れると良いでしょう。

更新日:

Copyright© 運転資金 借り入れ ビジネスローン/ビジネス伝言板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.