銀行融資

銀行融資で運転資金の借入

投稿日:

銀行から運転資金の借り入れをする際に掛かる日数

銀行から運転資金を調達する場合には、ある程度余裕をもってスケジュールをたてる必要があります。ビジネスローンと違い、すぐに融資とはいかないので、急ぎの融資には向きません。

まず、銀行融資を受ける前に、審査の必要書類について把握します。必要書類は決算直後でない場合には、最近までの試算表の提出を求めらる場合がありますが、試算表を作成するにはそれまでの会計業務が終わっている必要がありますが、終わっていない場合にはその事務処理が必要です。

担保や保証人が求められる場合には、その設定をしなければなりません。その他必要書類を揃え、審査書類を漏れ無く作成し審査を受けます。

この審査にかかる期間は銀行やその場合のケースによって違いはありますが、おおよその目安としては早ければ2-3営業日、遅くても10営業日程度くらいで考えてよいでしょう。ただしこれは審査にかかる期間に限定されます。

審査の申し込みから融資実行までにかかる期間としては、早くて1週間から遅ければ1ヶ月程度でしょう。

銀行系の融資には、利率が安いため、企業の財政に利息がそれほど負担になるずらいので、十分に準備できる場合には確かに有効です。ただ、事務負担も多いため、その負担に見合う金額で、また審査を通過する見込みがあれば、活用すべきです。

ただ、時間的、金額的な重要性が不足する場合には、もっと融通がきく融資を活用したほうが費用対効果が大きいです。そういったときにはビジネスローンによる運転資金の借り入れの方に分があります。

銀行から運転資金を借り入れする際は連帯保証人が必要になるケースも

よく言われている戒めに、「連帯保証人だけはなるなよ。」一度は言われた事がありませんか?この連帯保証人に設定されると、その該当する借り入れの債務者が返済出来ないとなった場合に肩代わりをする義務が発生するという制度で、連帯保証人には何もメリットが無いと言えます。

それだけに連帯保証人を設定するとはかなり厄介な事で、それをお願いするというのも、非常に難しいものであるのはすぐ想像がつきます。あなたは誰かの連帯保証人を頼まれたらどうしますか?そして、あなたの保証人になってくれるような人はいますか?

実は銀行から運転資金の借り入れを受けようと思った時に、連帯保証人の設定を求められる場合があります。銀行の審査にはその他の書類の作成や、提出書類の準備、そして担保の接待がある場合にはその設定もあり、それだけでもかなり手間を要します。

その上担保の設定となりますと、そう簡単に何度もできる事ではないというのが実感では無いでしょうか?

もちろん、大きな資金が必要で、それらの準備も可能で、審査に通る自身があるなら銀行融資は確かにメリットはあります。ただ、これだけの手間がかかる事と、追加融資も簡単では無いと考えると、何度も使えるカードとは言えないようです。

まとまった期間の融資で追加融資も必要が無いという場合には銀行融資はかなり有効な資金調達手段です。その後、少額の融資がちょくちょく必要になったり、柔軟な融資も必要なら、銀行融資だけに頼れないのはおわかりだと思います。

比較して短期的で、少額の融資を運転資金として利用するならビジネスローンがとても有効です。

-銀行融資

Copyright© 運転資金 借り入れ ビジネスローン/ビジネス伝言板 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.