ノンバンクで事業資金調達!ビジネクストとビジネスパートナー比較

事業資金にノンバンクのビジネスローンや商工会議所の融資制度で資金調達

融資の種類と融資を受けるコツ

   

■資金調達のための融資の種類について

●資金調達を行う上で様々な金融機関などから融資を受けることが重要となってきます。

ノンバンク,ローン,オーナーズ,中小企業

そこで、実際に利用することができる融資の種類とそれぞれの特徴について紹介していきたいと思います。 どの融資の形式が最も適しているのかを良く吟味して選ぶようにしましょう。

●プロパー(銀行)融資

プロパー融資というのは金融機関がリスクを負ってでも融資を行う形式のことを言います。 通常であれば、金融機関はリスクを抑えるために保証協会付きの融資を行う、というのが一般的なのですが、会社と銀行との付き合いが良好であったり、業績がとても優れていたり、これまでの返済実績などが良かったりすると銀行が「よい顧客」として認定して直接金融機関からの融資を受けることができるようになります。 プロパー融資のメリットとして挙げられるのが
・銀行側は保証協会に保証金を支払わなくても良い
・受ける側は「プロパー融資を受けている優良企業という評価を得ることができる」
の二つが挙げられます。 もちろん、経済状況の不安定などによって、これまでは安定して返済を行うことができていたのに、突然の破綻が生じてしまう場合もあるわけですが、この場合は銀行側は大きなダメージを被ることになります。

●保証協会付き融資

保証協会付き融資は、金融機関から受けることができる融資を保証協会が保証することによって融資をより安全に、スムーズに行うことができるようになった形態のことを言います。 金融機関からの融資を受ける際には厳しい審査のもと融資を受けることができるかどうか、というものがついて回ります。 これは銀行側としてはせっかく融資をしたのにきちんと返済されなかったら大きな損失になってしまうからです。 そこで、保証協会を介入させることによって、企業などが返済できない状態になったときに保証協会が融資金額の80%~100%の貸し倒れリスクを負ってくれるため、金融機関は安心して融資を行いやすくなります。 とはいえ、経済状況が不安定な現代ではたとえ保証協会付きの融資であったとしても審査内容が非常にシビアなものになっており、力のない中小企業や個人事業主では審査を突破することができない傾向にあります。

●ビジネスローン(ノンバンク・銀行系)

ビジネスローンというのは、中小企業向けに無担保・無保証で融資を行う形態のことを言います。

ノンバンク,ローン,オーナーズ,中小企業

プロパー融資や保証協会付き融資などと比較すると融資条件がかなりゆるやかなものに設定されていて、状況に応じて柔軟な対応を行ってくれるので、比較的簡単に融資を受けることができます。 また、融資のための審査がとても速く、必要な書類(例えば決算書など)が用意できていればその日のうちに融資を受けることも可能となっています。

ノンバンクなどのビジネスローンは金融機関から受ける融資と比較すると金利が高めに設定されていることが多く、返済までの期間は1年ほどと短期間に設定されていることが多いです。 なお、融資金額に関しては数万円から数千万円と非常に幅が広く、ちょっとした運転資金のための融資などにも利用することができる、という点が特徴として挙げることができます。 現状では、銀行系のビジネスローンが非常に盛んになってきていますが、多くの中小企業や個人事業主はノンバンク系のビジネスローンを利用することが多い傾向にあります。

●不動産担保ローン

不動産担保ローンは、土地や建物など、いわゆる不動産と呼ばれるものを担保として提供することにより融資を受けることができる、という融資体系になっています。 不動産は現物の確認や、所有権などがはっきりとしているので担保としての価値がとても高く、すでに不動産を持っている人であれば確実に融資を受けることができる、という大きな魅力があります。 また、不動産担保ローンは長期間にわたる返済を組むことができる、というのもメリットの一つとして挙げることができます。

■中小企業や個人事業主ならノンバンク

このように、融資には様々なスタイルがあります。

いずれも特徴があり、メリットとデメリットが存在しているわけなのですが、ビジネスローン(ノンバンク系や銀行系)以外の融資というのは条件が若干厳しいものばかりです。 そのため、一部の企業しかこれらの融資を利用することができず、日本を支えている中小企業であったり個人事業主では思ったような融資を受けることができていないという現状があります。 そこで多くの企業が利用しているのがノンバンク系のビジネスローンです。 ノンバンクは審査が比較的ゆるめに設定されているので、融資を受けたいと思っている人たちにとって活用しやすいものだと言えます。 実際に、中小企業をターゲットに合わせてサービスを展開しているノンバンクも多く登場しているわけですので、これからの資金調達の方法の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

●ビジネクスト= ビジネクストは中小企業や個人事業主をターゲットとしているノンバンク会社です。 保証人や担保を必要としていないため、誰でも気軽に利用することができ、融資金額が1万円~1,000万円と幅広く設定されています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード

 

●シンキ・オーナーズセレクト= シンキ・オーナーズセレクトは無担保・無保証人で融資を行うノンバンク会社です。 楽天銀行と提携することによって急な資金調達が必要になるような深夜帯でも融資を行っています。 融資金額は1万円~300万円となっています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード

■融資を受けるためのコツについて

●会社を設立し、経営していく上で無借金の経営を続ける、というのは…

ノンバンク,融資,オーナーズ,審査,コツ

金融機関やノンバンクといったところから融資を受けるためにはちょっとしたコツが必要になってくる場面があります。 特に何も対策を取らずに融資のための審査を受けたところで、そう簡単に審査が通るほど甘くない、というのが金融機関の実際のところ。 ノンバンクに関しては、金融機関ほど審査が厳しくはないものの、やはりある程度のポイントがあることを覚えておくと、思った通りの融資を受けることができるようになるはずです。

では、実際にどのようなポイントに注目すればよいのか、といえば「決算書や財務諸表の内容が良好であること」だと言えます。 例えば、利益が順調に上がっている状態であったり、資産がしっかりとあって負債が少ない状態であったり、自己資本の比率がとても高い状態である、といった内容であれば、融資を比較的簡単に受けることができるようになります。 とはいえ、このような決算書を提出することができる中小企業や個人事業主、というのはいったい全体の何%ほどでしょうか。 ほとんどすべての企業が何かしらかの事情を抱えており、この事情が障壁となって融資を受けることができずに資産調達が思うように行えていない、というのが実情です。 それでは、具体的なポイントについて紹介していきたいと思います。

●数字の裏付けをしっかりと行おう

金融機関やノンバンクは融資の審査を行う際に、必ず決算書の内容を吟味します。 特に数値化されているものには敏感で、どうしてこのような数値になったのか、という理由を探ろうとしてきます。 そこで、こちら側からしっかりとそれぞれの数字について理由を説明できるように、あらかじめ準備を整えておくようにしましょう。

例えば、売上の状況が数か月落ち込み続けていたとします。 そうなると、金融機関やノンバンクは「どうして落ち込んでいるのか」「本当に融資をして返済をしてもらえるのだろうか」という考えに至ります。 これに対して「現在新たなサービスを用意しており、サービスの展開を行っていく段階にあります」といった内容の【数字の裏付け】を行うことが出来たらどうでしょうか。 相手も納得してその数字を受け入れてくれるはずです。

つまり、数字の裏付けをしっかりと行うことによって、現在置かれている状態と、今後利益を上げていく目算が採れていることをアピールすることによって信頼性を高め、融資を受けやすくすることができるようになる、というわけです。 しかし、試算表で実際の預金額とのズレが生じていたり、明らかに回収不能な状態であったり、回収が大幅に遅れていて回収のめどが立っていないような状態があるようなら、やはり審査の内容が厳しくなってしまうと言わざるを得ません。 いかに数字を相手に納得のいく説明に昇華させることができるかが大切です。

●利益の状態を評価してもらう

金融機関やノンバンクが融資を行う際…

ノンバンク,融資,オーナーズ,審査,コツ

きちんと返済をすることができるのか、という項目はとても重要なものです。 そのため、利益の状態についてかなりシビアな審査を設けているのが実情で、多くの中小企業や個人事業主はこの部分で審査が通らないという傾向にあります。 まず、利益には
・売上総利益
・営業利益
・経常利益
・税引前当期利益
・当期利益
の順番で損益計算書に記載されています。

上位にある利益、つまり売上総利益が大きい企業ほど金融機関やノンバンクは高い評価を行っているので、利益の性質の内容を良く吟味してみましょう。 例えば、当期利益の内容よりも、営業利益の方が良い会社や企業であれば金融機関やノンバンクから高い評価を得やすい、収益性の高い会社である、と認定されるようになります。

●資金繰り表をブラッシュアップしていく

会社を設立し、経営していく上で利益を追求するのは当然のことです。 そのため、ほぼすべての経営者は売上を重視していると言えます。 しかし、もしも金融機関やノンバンクから融資を確実に受けたい、と考えた場合、資金繰り表が非常に大きな効力を持ちます。

「黒字倒産」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。 これは利益は出ているのに会社の資金繰りがうまく行かず、経営が行き詰って倒産してしまうことを言います。 このような事態にならないためにも、資金繰り表は非常に大切なツールとなります。 例えば、会社のお金の流れを把握したり、将来的な会社の資金はどのようなものに到着するのか、といったことを確認することができます。 ですので、資金繰り表をきちんと作成して、資金の予測がしっかりと出来ている会社ほど融資の審査が通りやすいと言えます。

■融資を受けやすいオススメのノンバンク

ノンバンクは金融機関と比較すると融資を受けやすいという特徴があります。

そんなノンバンクの中でもひときわ融資を受けやすい会社を紹介。

●ビジネクスト ビジネクストは担保や保証人を必要とせず、比較的緩やかな審査内容で中小企業の資金調達をサポートしているノンバンク会社です。 1~1,000万円までの融資を受けることができ、100万円以上の利用限度額なら実質年率が8.0~15.0%と低めに設定されています。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード

 

●シンキ・オーナーズセレクト シンキ・オーナーズセレクトもまた担保や保証人不要で融資を受けることができるノンバンク会社です。 融資金額は1~300万円となっており、運転資金の調達から設備投資のための資金調達まで幅広く利用することができます。 融資内容を詳しく知りたい方は↓

ノンバンク,資金調達,オーナーズ,セレクト,カード

 - 資金調達・資金繰り